化粧品は40代にうってつけのモノがある|究極の逸品を買う

自分でまつげを長くする

瞳

サロンは高級

女性にとって、長いまつげは憧れです。そこでこの頃はまつエクと呼ばれるものが流行っています。まつエクとは、自分のまつげに人工のまつげをつけることです。大抵サロンでしてもらいますが、やはりお金がかかります。というのも、まつエクをしたら数週間から1か月は持ちますが、長いまつげを保つには1か月に1度はサロンに通う必要があります。そのためなかなか費用がかさんでしまうのです。そこでネット販売のセルフまつエクキットの出番です。金額は一回のサロンの料金と同じほどですが、1年ほどつけられる量がセットに入っています。また、自分でするので金額はもちろんですが、待ち時間や予約の必要もありません。さらに、セルフなので自分の好きな時に好きな本数つけられます。そのうえデザインも自由にできます。

どんなものがいるの

セルフでまつエクするのは、とても難しいですが慣れてくれば大丈夫です。まずどんなものが要るのかというと、まずはネットでキットを購入します。このキットの中身は購入した商品にもよります。中にはエクステの形などが選べる場合もあるので、自分の好きなカールのものを選びましょう。それからセルフでするための必要なものですが、まず鏡やエクステ、グルー(接着剤)は最低限必要です。そしてリムーバーやツィザー、グルートレイ、説明書を用意します。それから、100円ショップなどでも購入できるサージカルテープやコーム、綿棒にキッチンペーパーもあると安心です。後は、説明書にそって好きなデザインのエクステを好きな量だけつけたら出来上がります。はじめての場合は下まつげで練習してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加